第4回アーユルヴェーダキッチン開催!

5月27日の日曜、第4回目となるakiとzenkiのアーユルヴェーダキッチン☆開催しました(^-^)

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました♡

今回は初の試みで2部制に、さすがに翌日はぐったり(笑)ただ今回も最高に楽しかったです!

テーマは消化力、メインはスリランカの伝統舞踊キャンディアンダンスの名手であり料理人のスサンタ・スラセーナさんによるスリランカ料理のデモンストレーション…なので消化力についてのお話はコンパクトに。もちろん知識は大事だけれど、実際に消化に軽い物を食べ消化に負担をかけないという事を実体験してもらう事が大事かなと(^^)実践するほうが、自然と知識にも繋がります。お話の後は消化力を上げるバターミルク作り。バターもミルクも使わないのにバターミルク(笑)簡単に言うと塩味ラッシー?的な飲み物。味は好き嫌いが両極端に分かれる…と思っていたら全員美味しいと♡何度も試作した甲斐あり!いくら身体に良くても美味しくなければ続かない、やっぱり美味しいは大事(^-^)

そしてメインのスリランカ料理作り、カレーとサンバルを2種ずつ。皆さんにもお手伝いしてもらいながら、和気あいあいと♡スサンタさんの手際にも見とれてしまったが、とにかく簡単!家庭料理だから簡単に作れるものでないとと。確かに手間がかかっては毎日無理(笑)でも簡単なだけであって手抜きではない、さらにカレーは材料を全て入れたら火にかける前に土鍋の中で手で混ぜる…そうするとさらに美味しく。混ぜ方や手の温度、人それぞれなので同じ材料、分量でも全く同じ味にはならないのだとか。だからお母さんの味はお母さんにしか、スサンタさんの味はスサンタさんにしか出せない。なんだか単純なのに心に沁みた。手で混ぜる事でその人の味になるんだなと。料理は奥深い…

そして、いざ実食の時も皆さんには手で食べていただきました!手で全ての料理を少しずつ混ぜて食べる。スプーンで食べるのと全然違うと!とっても美味しくなると(^^)本当にそうなのです。

参加者の方の感想で「手で食べると少しずつしか食べれないので、私普段早食いだけどそれが出来ないからいいかも(笑)」と。手で食べると味わいが変わるだけではなく食べ方も変わり、ゆっくり食べる事で満足感に繋がり食べ過ぎを防いでくれる。これも消化力に無理をさせない為には大事な事。さらに「沢山食べたのに胃が全然重くない」とも。味付けも材料も消化に軽いものだからそう感じられるのです♡

今回も私自身色んな事が学べました(^^)皆さんに学ばせていただいてるなと!

次回は8月開催です!また皆様のご参加お待ちしております^_^


Ayurveda&Yoga nada

新宿都営線浜町駅徒歩2分の立地。 ヨガ、アーユルヴェーダの観点から心と身体を整える。 定員4人の少人数制、1人1人とじっくり向き合える空間。 自分の心と身体と向き合う時間を作りませんか?

0コメント

  • 1000 / 1000